スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

灼眼のシャナ(14) 感想 

4840237190灼眼のシャナ 14 (14)
高橋 弥七郎
メディアワークス

 クリスマスを迎えた御崎市。
 街明かりを返す雲厚い夜空、人々の気配に満ちた街の喧騒があたりを包む中、坂井悠二は一人、立っていた。そこは御崎市駅北の『イルミネーションフェスタ』会場へ向かう大通りであり、二人の少女が待つ場所へと向かう岐路でもあった。
 自分の許に想い人が来ることを願う彼女らのために、少年は決断せねばならない。
“非日常”――フレイムヘイズであるシャナか、“日常”――クラスメイトの吉田一美か。
 悠二は考える。そして、改めて、選ぶ。
 一人の少女を。

続きを読む
スポンサーサイト

[2007/02/12 23:16] 灼眼のシャナ | TB(5) | CM(2)

灼眼のシャナ(13) 感想 

484023549X灼眼のシャナ〈13〉
高橋 弥七郎
メディアワークス

シャナの本編も13巻目
巻数の割にはストーリーの進行は遅いなーと思ったり。
でも今回も素晴らしい見所が沢山ありますし、重要なことも沢山でて凄く楽しめました

続きを読む
[2006/09/12 21:43] 灼眼のシャナ | TB(3) | CM(0)

灼眼のシャナ (0)(S) 感想 

ついにここまできました。
先週の土曜から読み始めて1週間。シャナ本編(12冊)と短編(2冊)を読み終えました v(。・ω・。)

富士見ファンタジア文庫は長編(シリアス)、短編(ギャグ)とお決まりなんですが、
電撃文庫でこのように長編と短編があるのはめずらしいなと思いました。

それではそれぞれの感想を

-0(zero)
シンデレラの話が面白かったです。本編とは全然関係がないってところが良かったですね。
特に三柱臣の人たちの点数をつけるところなんて思わず笑ってしまいました (*´ー`)
シャナの悠二と会う前の話も最後に少し切なくなって良かったです。

-S
表紙のシャナの私服姿がいいですね~ ヾ(≧ω≦)ノヒャッホーィ♪
内容はマージョリーの過去、吉田さんの誕生日、「とむらいの鐘」の幹部チェルノボーグの話の3つです。
吉田さんの誕生日の話は最後の展開がすばらしく、そこに至るまではちょっとアレかな (´・ω・`;)  
てなっていたんで一気に面白くなりました。
チェルノボーグの話はチェルノボーグが結構好きだったんで良かったです。
少し切ない感じで。

まぁ短編も面白いんですが、長編が続きが気になるところで終わっているんで
長編を早く世みたいなーって感じですねー (´・ω・`)


[2006/06/24 23:00] 灼眼のシャナ | TB(1) | CM(4)

灼眼のシャナ (11)(12) 感想 

『灼眼のシャナ』シリーズの本編は今現在12巻までみたいですね。(他に短編2冊)
今までの流れからして11巻、12巻と続くのかと思ったら、さらに13巻までも続く様子。
続きが気になってしょうがないです。

内容は悠二のもつ宝具『零時迷子』についてのアレコレです。
11巻はほとんど学園祭、12巻は零時迷子の元々の持ち主「彩飄-フィレス」
がでてきて戦闘やらなにやらいろいろやっています。

いまさらですがイラストがいいですよね。
最初にシャナに興味をもったのも『涼宮ハルヒ』と『灼眼のシャナ』のイラストレーターが同じといったところでしたしね (○´∀`○)ノ
そのうえハルヒもシャナも内容まで面白いので言うことなしですね!

それと 「灼眼のシャナ&A/B用語大辞典 」 このサイトは便利ですし面白いです。
シャナの特殊な用語を解説しているサイトです。沢山あるので見ていて飽きません。


[2006/06/24 19:48] 灼眼のシャナ | TB(0) | CM(0)

灼眼のシャナ(10) 感想 

また過去かーと思っていましたが凄く面白かったです。
いや~いい方に期待を裏切ってくれますね (○´∀`○)ノ

内容は、フレイムヘイズ兵団 VS 「とむらいの鐘」(紅世の王がたくさんいる)
との大戦を書いたものです。
先代「炎髪灼眼の討ち手」やヴィルヘルミナ、骨の人などが出てきます。
敵、味方どちらも魅力的でカッコイイ人たちばかりなので感情移入して読めました o(*^▽^*)o

それにラストには感動しました (´ノω;`)
一冊ではもったいない内容だと思いました。何冊かに分けてもぜんぜんいい内容でしたねー
過去編の方が本編よりも好きかもしれません。

Ⅰ~Ⅹの中では一番オススメです!!
呼んだことない人は是非 ヾ(。`Д´。)ノ彡


[2006/06/23 23:49] 灼眼のシャナ | TB(0) | CM(2)

灼眼のシャナ (8)(9) 感想 

今回も8巻、9巻も二冊一気に読むのがいいかなーっと思いました。

えーこの辺で気づいたのですが、
Ⅲ(前)-Ⅳ(後) → Ⅴ(過去) → Ⅵ(前)-Ⅶ(後) →
Ⅷ(前)-Ⅸ(後) → Ⅹ(過去)
とキレイな流れになってますね。狙ってるのかな?

内容の方は8巻の終わりのあたりからヴィルヘルミナが本編にも登場するので
いいですよっ   ワ━ヽ(*´Д`*)ノ━ィ!!!!    口絵も良かったですねー
そんなわけで戦闘もある9巻は大いに楽しめました♪(8巻はフツーかな)


[2006/06/22 23:15] 灼眼のシャナ | TB(0) | CM(0)

灼眼のシャナ(6)(7) 感想 

Ⅲ、Ⅳと同じように二冊続いているので読むなら一気に読んだほうがいいです。
6巻が主に悠二、シャナ、吉田さんの三角関係で
7巻が「紅世の王-教授」との戦闘って感じになってます。

ラストではまたもや先が気になるような終わり方をしているので、
今出ている所までを一気に読まなくちゃ ヽ(´Д`;≡;´Д`)ノ
ってなりました 

見所といえば教授がいい味出してますよー (○´∀`○)ノ
いやー、キャラが増えてもイイキャラばかりなので満足、大満足です♪


[2006/06/21 22:39] 灼眼のシャナ | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。