スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

灼眼のシャナ (0)(S) 感想 

ついにここまできました。
先週の土曜から読み始めて1週間。シャナ本編(12冊)と短編(2冊)を読み終えました v(。・ω・。)

富士見ファンタジア文庫は長編(シリアス)、短編(ギャグ)とお決まりなんですが、
電撃文庫でこのように長編と短編があるのはめずらしいなと思いました。

それではそれぞれの感想を

-0(zero)
シンデレラの話が面白かったです。本編とは全然関係がないってところが良かったですね。
特に三柱臣の人たちの点数をつけるところなんて思わず笑ってしまいました (*´ー`)
シャナの悠二と会う前の話も最後に少し切なくなって良かったです。

-S
表紙のシャナの私服姿がいいですね~ ヾ(≧ω≦)ノヒャッホーィ♪
内容はマージョリーの過去、吉田さんの誕生日、「とむらいの鐘」の幹部チェルノボーグの話の3つです。
吉田さんの誕生日の話は最後の展開がすばらしく、そこに至るまではちょっとアレかな (´・ω・`;)  
てなっていたんで一気に面白くなりました。
チェルノボーグの話はチェルノボーグが結構好きだったんで良かったです。
少し切ない感じで。

まぁ短編も面白いんですが、長編が続きが気になるところで終わっているんで
長編を早く世みたいなーって感じですねー (´・ω・`)

スポンサーサイト

[2006/06/24 23:00] 灼眼のシャナ | TB(1) | CM(4)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。