スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

吉永さん家のガーゴイル(4) 感想 

4757719671吉永さん家のガーゴイル〈4〉
田口 仙年堂
エンターブレイン

面白すぎても~止まりません (_≧Д≦)ノ彡



目覚めると、落下していた!?和己は、謎のアイテム「記憶発掘装置」で3日間も眠ったまんま、そろそろ起きないと死んじゃいそうなイヨを起こすことに。装置を使い、ガーくん・双葉と彼女の意識内に潜り込むが、気づくとそこは昭和2年の日本!?着くなり、一同は錬金術師の東宮によく似た青年に出会って驚き、その親友というフンドシ一丁の男に面食らう。更に彼らの仕事部屋にはガーゴイルと瓜二つの石像が―これ一体どういうこと!?人気シリーズ第4弾。


今回はガーくんの誕生のエピソードや高原イヨの過去の話ということで
昭和初期 (お姉さんの記憶の中のね) にタイムスリップします。
昭和初期ってのがなんだか新鮮で良かったです

この巻はまず口絵の番外編エイバリーVSデュラハンがかなり面白かった!
こんな感じで漫画が出てたらソッコーで買いに行きますね (○´∀`○)ノ

内容のほうは全体を通して前回に続きしんみりとしたちょっと涙物の良い話
やっぱ面白いですね~。もー止まらない!続きが読みたくて仕方ないです

ってなわけで今週中に 「吉永さん家のガーゴイル」 を一気読みしようと思います

今回のトラックバック送信先 (。・ω・)ノ゙
「戯言」 様

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kcrainobe.blog69.fc2.com/tb.php/125-ede35cd3


吉永さん家のガーゴイル4

『吉永さん家のガーゴイル』ももう4巻。巻頭の番外編エイバリーVSデュラハンがめっちゃ面白かったw天才錬金術師の高原イヨが記憶発掘寝台(装置自体に地図や事件などのデータを入力し、使用者の意識と接続すれば、自在に過去の時代を追体験出来る装置、簡単にいうとタイム
[2006/08/02 00:21] URL 戯言

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。