スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

吉永さん家のガーゴイル(9) 感想 

4757726635吉永さん家のガーゴイル9

田口 仙年堂 日向 悠二
エンターブレイン

10巻との前編後編になってるみたいですね



ガーくんが動かない!吉永家の、いや御色町の守り神であるガーゴイルの全機能が止まってしまった。通りすがりの人を守りきれなかった事が引き金となったが、さらに深い事情がありそうだ。心配した双葉と兎轉舎のイヨは、ガーくんの意識を取り戻すため、記憶発掘装置で昭和20年の日本へ時空移動する!一方、現代に残った和己達はマント姿の不思議な青年と出会い、同時にご町内の不穏な空気を察知して―ハートフルコメディ第9弾は『コッペ』短編付き。

過去は少し暗い感じでなんともいえないのですが、現代の方は謎の敵がいい味を出して面白くなってきましたね

本編も続きが気になりますが巻頭の漫画も凄く続きが気になりますね (。・ω・。)
早く続きを読まなきゃー

今回のトラックバック送信先 (。・ω・)ノ゙
「戯言」 様
「Alles ist im Wandel」 様

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kcrainobe.blog69.fc2.com/tb.php/149-ba94ba93


吉永さん家のガーゴイル9

今日は『吉永さん家のガーゴイル9』。御色町を守るためのガーゴイルがケルプとのケンカで通りすがりの人に怪我をさせてしまう。そのショックでガーゴイルは全機能が停止。ガーゴイルの意識が昭和20年にあることがわかり、「記憶発掘装置」でイヨと双葉がタイムトリップ。ガ
[2006/08/19 11:18] URL 戯言

吉永さん家のガーゴイル(9)

今度の舞台は1945年。 太平洋戦争真っ只中。 そういう環境下の逼迫感や悲惨さは残念ながらあまり感じられない。 まぁ、経験者かよほど資料を調べつくさないとしっかり描き出すことはできないよなぁ。
[2006/08/20 01:34] URL Alles ist im Wandel

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。