スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ゴーレム×ガールズ(2) 感想 

4840114870ゴーレム×ガールズ(2)
大凹 友数 KEI
メディアファクトリー

何気に結構好きなシリーズの2冊目



内容(「BOOK」データベースより)
夏休みに入り、森田友二はゴーレムを生み出す“操形学”の世界に引き込んだ片倉媛とともに、権威である赤石或火の助手・山県須弥の研究室へ招かれることになった。泊まりの旅行に心配した乾琴子と佐藤唯も同行し、しばしの小旅行気分を楽しむ四人。が、そこで彼らを待ち受けていたものは!!…なぜか焼き肉パーティに花火大会?破格の歓迎に、何か裏があるのでは?と勘ぐるが、須弥くんのパートナーという妙に明るいゴーレム・千葉美國のハイテンションさに振り回されるうち…!?ゆっくりと、だけど確かな一歩を踏み出す、新世代の変則純愛物語。二冊目登場。


期待が大きかったせいか、正直なところ少しガッカリでした 。゚(゚ノω`゚)゚。

前半は退屈なストーリー展開で途中で読むのを止めようかなーって思うくらいでしたし、
この巻で事件が完結していないので後の巻に続く様子なのもなんだかしっくりきませんでした

まぁそれでも続きはどうなるんだーって思うくらいにはなったので
次の巻にきたいしようかと思います (´・ω・`)


[2006/08/23 21:20] MF文庫 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kcrainobe.blog69.fc2.com/tb.php/154-dd4db16d



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。