スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

カレとカノジョと召喚魔法(4) 感想 

4840230854カレとカノジョと召喚魔法〈4〉
上月 司
メディアワークス

折り返し地点を過ぎ、クライマックスに向けて盛り上がってきましたね
相変わらずイラストが最高です!



カレ:水瀬遊矢。頭脳すこぶる明晰。緊張感・恐怖心の欠落はいよいよ限界を迎え…?
カノジョ:白銀雪子。容姿端麗。通称“荒雪姫”。二泊三日に決意を以て臨む。
二泊三日:カノジョが文化祭特別執行委員として活躍した報酬に、生徒会から渡された温泉旅行無料チケットの日程。
オリジナル:6人しかいない、すべての悪魔・天使の祖。強大な能力を持つ。
ゼルフィ:玲の「妹」。玲のことを「姉様」と呼んでいるが…。


この巻では玲の過去が明かされます
その過去の意外な事実にビックリ。過去の玲が凄く良い!
もう一気に好きになりました。好みにドンピシャです (*´ω`)

ストーリーの方はいつも通り前半はおとなしく進み、
後半は戦闘やらなんやらで盛り上がってきます
特にエピローグでの遊矢と玲との会話がたまらないです! 次の巻が凄く気になりますね

この巻を読んだらすぐにでも続きが読みたくなるような一冊でした


[2006/08/24 22:36] 電撃文庫 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kcrainobe.blog69.fc2.com/tb.php/157-3cf91e0c



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。