スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

灼眼のシャナ(13) 感想 

484023549X灼眼のシャナ〈13〉
高橋 弥七郎
メディアワークス

シャナの本編も13巻目
巻数の割にはストーリーの進行は遅いなーと思ったり。
でも今回も素晴らしい見所が沢山ありますし、重要なことも沢山でて凄く楽しめました



誰もが望み、楽しんでいた御崎高校の学園祭「清秋祭」開催中。坂井悠二は、『零細迷子』本来の所有者である紅世の王“彩瓢”フィレスの襲撃を受けた。生命の危機に直面したその瞬間―悠二の身の内から謎の腕が出現する。“銀”の炎を纏いながら、なにかを欲するように蠢く、異様な腕だった。それを見たシャナは、紅蓮の炎を噴き上げ、一心不乱に悠二の許へと向かう。やがて事態は、“銀”に支配されつつある悠二を巡り、さらなる変化を起こす。それは、あの“徒”が顕現する予兆…!カラー口絵12ページで贈る、高橋弥七郎渾身の学園ストーリー。


毎回イラストも楽しみにしているのですが今回はいつも以上に良かった (*´ー`)
特に 「三柱臣」 の全身のイラストがあったのでこれから 「三柱臣」 が出てきた時により良くイメージできるなーって思いました

それに内容の方も重要なことが盛り沢山。 「銀」 に関することに前回から続く 「"彩飄”フィレス」 、 「ヨーハン」 の事などや 「"頂の座”ヘカテー」 なんかも登場したりしてますます目が離せなくなってきましたね

でも次の巻が出るのはしばらく先になるそうです 。゚(゚ノω`゚)゚。
早く続きが読みたいです

今回のトラックバック送信先 (。・ω・)ノ゙
「しがない日々の傷痕?」 様
「アニメ卍日記(仮)参番館」 様
「たまにもゆる」 様
「ねれの巣」 様
[2006/09/12 21:43] 灼眼のシャナ | TB(3) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kcrainobe.blog69.fc2.com/tb.php/186-a1283e78


灼眼のシャナ13 高橋弥七郎 電撃文庫

前巻のあの続きからでしたから、どうなるかと・・・いやはっきり言ってしまえば、悠二
[2006/09/12 22:46] URL ねれの巣

灼眼のシャナ (13)のレビューらしき紹介

灼眼のシャナ (13)高橋 弥七郎 (2006/09)メディアワークス この商品の詳細を見る「一美、子供の作り方を教えて」「シャ、シャ、シャナちゃん!?」口絵を読んで、吹き出しそうになった。さて、久しぶりの長
[2006/09/12 22:54] URL しがない日々の傷痕?

・灼眼のシャナ 13巻 感想

灼眼のシャナももう13巻目。そういやSの感想書いてなかったや。まぁいいか。それよりも、今回は素晴しい見所があった、、、つーかありまくりだった。前巻のあの引きから唐突に、悠二の父親貫太郎が
[2006/09/13 00:24] URL たまにもゆる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。