スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

半分の月がのぼる空(8) 感想 

4840235198半分の月がのぼる空〈8〉
橋本 紡
メディアワークス

半分の月がのぼる空の最終巻
ラノベの方は面白かったので実写ドラマの方も期待しています (。・ω・)



山上祭二日目。秘密のオークション会場では、女子の写真の競りが白熱していた。特設リングでは伝説のマスクマン、スペル・ソラールが華麗な技を繰り出していた。そして、体育館の舞台では、演劇部長に急遽スカウトされた里香が、ヒロインとして舞台に立とうとしていた。夏目、亜希子も駆けつけて、いよいよ緞帳が上がろうとしたとき、謎の乱入者が現れ―!?書き下ろし番外編『雨 fandango』の後編に、『dragonfly』『市立若葉病院猥画騒動顛末記』『as the summer goes by』の番外編三篇を加えた『半月』短編集第2弾。大人気シリーズ、最終巻。

前の巻からの続いた番外編『雨 fandango』の後編、凄く良かったです (*´ー`)
こういう少し切ない感じは凄く好きです

あとの話も悪くは無く、面白いとは思ったけどなんかいまいちかな
どっちかというと5巻か6巻あたりで終わった方が終わり方としては好きかも

まぁそれでも全体的に見れば凄く面白かったです
なので橋本 紡さんの次回作にも期待ですね (o≧▽゚)o


[2006/09/25 20:33] 電撃文庫 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kcrainobe.blog69.fc2.com/tb.php/206-d19af171



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。