スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

バッカーノ! 感想 

4840222789バッカーノ!―The Rolling Bootlegs
成田 良悟
メディアワークス

第9回電撃ゲーム小説大賞金賞受賞作品
金賞受賞作品だけあって相当面白かったです



禁酒法時代、ニューヨーク。裏組織“カモッラ”は重要な儀式を数日後に控えていた。
泥棒カップルはグランド・セントラル・ステーションに着いたばかりだった。
マフィアの三兄弟はちょっとした問題を抱えていた。
チンピラの少年は思い通りにならない現実にムカついていた。
職務に忠実な警部補はそんな彼らを疎ましく思っていた。
そして、錬金術師の野望は200年を経て、未だついえる事はなかった。
彼らはまだ、互いに関わりの無い者同士であった。
このマンハッタンに“不死の酒”が蘇るまでは―。

 
話の舞台が禁酒時代のニューヨークとラノベにしては珍しく、マフィアとかの話になるのかなーと思っていたら
マフィアのようなもの“カモッラ”は出てきたのですが、“カモッラ”がメインではなく「不死の酒」をめぐる大騒動で、「錬金術」「不老不死」といった話がメインのような感じです

そして複数のキャラの視点で物語が進み、段々交わっていって、最後に収束するという物語の進み方が魅力的でしたし、
テンポ良く進むので読みやすく、飽きずに読めました Σd(`・ω´・+)ノ

さすが金賞受賞作品ですね。後半はずっと面白いなーと思いながら読んでいました
ここまで面白いと思ったのは最近では 「とらドラ!」 くらいかな。でも 「とらドラ!」 はギャグのとしての面白さであって
「バッカーノ!」 はストーリーの面白さがヤバイですね o(*≧д≦)o

かなり面白かったので読み終わった後続きをすぐに買いに行きました
来週いっぱいくらいはバッカーノを読んでいようと思います

今回のトラックバック送信先 (。・ω・)ノ゙
「FRAGMENT」 様

[2006/10/08 09:11] 成田作品 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kcrainobe.blog69.fc2.com/tb.php/228-28f58b09



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。