スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

タマラセ 幼馴染はドラゴンを喚ぶ 感想 

4044707065タマラセ 幼馴染はドラゴンを喚ぶ
六塚 光
角川書店

タマラセもこの巻が最終巻。最高に面白かったです!
最後も綺麗に纏まってまさに大団円の終わり方。
これで終わりってのは少し寂しいから今回の話のその後の話とか読みたいですね


亘理の狙いは、隕石をまねく魂裸醒「レッド・ドラゴン」の発動実験と同時に、後天性魂裸醒を全滅させることだった!陰謀を阻止すべく、九里浜探偵局(仮)は確執を超えて八阪井三十四たちと手を組むことに。とはいえ、レッド・ドラゴンの発動でほとんどの魂裸醒が能力を発揮できない―そんな状況下、過醒が進む三助は、戦えば我を忘れて暴走するにもかかわらず、夏月と共に戦いの先陣に立とうとする!圧巻のクライマックス。

こんなに綺麗に終わるとは思いませんでした。最高でした ヾ(≧ω≦)ノ
いろいろあったのに最後は綺麗に締める所が凄いですよね

前の巻ではハッピーエンドにならないのではないかと思っていたので
今回、個人的にはこれ以上は無いって位の終わり方で良かったです

内容については言うまでもありませんね。
読んだ事が無い人は是非読んでみて下さいな。
つまらないってコトは無いんじゃないかと思います。なので是非 ヾ(。・ω・。)


というわけで無事に完結したのですが、コレで終わりってのは少し寂しいので
今回の事件のその後の話とかをやってもらいたいですね。
なので続編が出るのを期待してます

感想リンク
「のべるのぶろぐ」 様
「Magneの領域-Magnetic Field-」 様
「積読を重ねる日々」 様

[2006/11/12 12:44] 角川スニーカー文庫 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kcrainobe.blog69.fc2.com/tb.php/283-8d1aa206



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。