スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

デュラララ!!×3 感想 

4840235163デュラララ!!×3
成田 良悟
メディアワークス

竜ヶ峰帝人が創始者の“ダラーズ”、紀田正臣が作った“黄巾族”、
園原杏里がもつ妖刀“罪歌”が生み出した妖刀軍団

の三つの勢力がぶつかる話。
前回のエピローグが面白すぎてやばかったので凄く期待しながら読みました



「あんたは人を殺せるか?新宿で情報屋なんかやって、何人もの人間を好きなように弄んで。折原臨也、あんたは、人を殺せるのか?自分の手で、直接な。ナイフで死なない程度に刺して、お茶を濁し続けやがって。まあ、何を言っても…結局お前は誰か他人を使うんだろう?笑える程に、卑怯な奴だなお前は」東京・池袋。そこには寂しがり屋な過去が集う。現実から逃避し続けるボス、責任を感じている女子高生、友人の想いに気づけない少年、乗っ取りを図る男、未だ情報で人を操る青年、そして漆黒のバイクを駆る“首なしライダー”。そんな彼らが過去を乗り越え、三つ巴の哀しい現実に立ち向かう―。

前回のエピローグを読んで期待していたけど、なんだかパッとしないなと思いました
つまらないわけではなく普通に面白かったのですが過剰に期待しすぎたみたいですね
正臣がメインだからってのもあるのかな?

多分一番の原因は前の巻であれだけ盛り上げて今回の為にお膳立てしたのに、
いざ三つの勢力の頭が対峙した時に特に盛り上がるわけでもなく
意外とあっさり、なんだかうやむやな感じで終わってしまった事だと思います

なんだかなぁと思うところは少しありましたが全体的に見れば面白かったと思います
特に物語の合間に入るチャットは最後に方には物語の重要人物が集まってきていい感じだなって思いました
だけど人数が増えてきた分読み辛いかなとも思いましたね

あとはサイモン。ロシア語での喋り方が日本語の時と違いすぎて笑えました ((*´∀`))

あとがきによると続巻はしばらくでないみたいなので
他のシリーズを読みながら気長に待とうと思います

感想リンク
「読了本棚」 様
「ライトノベルっていいね」 様
「booklines.net」 様
「のべるのぶろぐ」 様
「Click 2 CR-IQ 日々_ver.3」 様

[2006/11/17 20:42] 成田作品 | TB(2) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kcrainobe.blog69.fc2.com/tb.php/290-486d4c23


デュラララ!!×3

デュラララ!!×3著者 成田良悟イラスト ヤスダスズヒトレーベル 電撃文庫 今更主人公がこっちだと言われてもねぇ。 人気blogランキングへ ← よろしくお願いします。 クリックありがとうござ
[2006/11/18 11:25] URL ライトノベルっていいね

デュラララ!!×3

東京・池袋。そこには寂しがり屋な過去が集う。現実から逃避し続けるボス、責任を感じている女子高生、友人の想いに気づけない少年……3人が互いの正体を知った時、悲しい三つ巴に終止符が打たれる。その時、あの情報屋は、首なしライダーは―――――
[2006/11/18 21:31] URL 読了本棚

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。