スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

空ノ鐘の響く惑星で 感想 

4840224870空ノ鐘の響く惑星で
渡瀬 草一郎
メディアワークス

ちょっと前に完結したシリーズ。
評価が高かったので読んでみました



毎年、ある季節になると、空から鐘に似た音が降ってくる世界。『御柱』と呼ばれる宙に浮く巨大な柱がある世界。そんな世界に生じたひとつの噂話―。“深夜をまわる頃、『御柱』の一部に、若い女の姿が浮く―”事実を確かめに行ったフェリオの前に現われたのは、御柱の中に浮かぶ異装の少女の姿だった―。一人の少年と少女の出会いが歴史を創る…!『陰陽ノ京』、『パラサイトムーン』の渡瀬草一郎が渾身の力で作り出す『世界』と『人々』が向かう先は―。

いや~、面白かったー。全12巻の最初の一冊目でどっぷりとハマっちゃいました
これぞ正統派ファンタジー(+SFもかな?)。今ではかなり希少ですよね
イラストもなんとなく中世ヨーロッパの雰囲気がある本編とマッチしていていい感じでした

ファンタジー好きな人ならば間違いなく楽しめるでしょうね
自分もファンタジーは好きなのでかなり楽しめました

これからは最終巻まで一気に読み尽くそうと思います (。・ω・。)


[2006/11/27 22:26] 空ノ鐘の響く惑星で | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kcrainobe.blog69.fc2.com/tb.php/303-c3469486



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。