スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

空ノ鐘の響く惑星で(3) 感想 

4840226865空ノ鐘の響く惑星で〈3〉
渡瀬 草一郎
メディアワークス

第二王子レージクの即位表明によって追われる身となった第四王子フェリオ。だが、フェリオは囚われた貴族や師匠、ウィスタルを救うべく、密かに王都へ舞い戻り人質救出の機会をうかがっていた。そこにフェリオの性格を良く知るレージクの準備した恐るべき陰謀が待ち構えているとも知らず…。果たして、フェリオの運命は―?一方、潜伏行動を続ける来訪者達の前に司教カシナートの使者が訪れる。力を持つ者と望む者の接触―来訪者達の選ぶ道は?話題の異世界SFファンタジー第3弾。

シリーズ3巻目。
これほど正統派のファンタジー物も他にないんじゃないかと思います
個人的にはかなりツボです

今回はこういったジャンルの小説のセオリー通りに主人公の下に信頼できて
実力があり優秀な人達が集まってきます。
最初は圧倒的に不利な主人公側の勢力が徐々に力をつけていくのがわかるので読んでいて凄く楽しいです

ストーリーの方も面白いのですがフェリオ、リセリナ、ウルクの三角関係の方も気になります
リセリナも良いけどウルクの方が好きなのでウルクには頑張ってもらいたいですね~


[2006/11/30 23:00] 空ノ鐘の響く惑星で | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kcrainobe.blog69.fc2.com/tb.php/306-1d696369



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。