スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

空ノ鐘の響く惑星で(4) 感想 

4840227586空ノ鐘の響く惑星で〈4〉
渡瀬 草一郎
メディアワークス

アルセイフをタートムに売り渡そうとする第二王子レージク。その恐るべき野望を知った第四王子フェリオは、反旗を翻すべく同盟者と共に戦力を蓄えていた。そんな中、フェリオと共に行動していた司祭ウルクは、自ら仕えるウィータ神殿がレージクを支持する意向である事を知らされ…。今、王都を舞台にフェリオとレージクの直接対決が始まる。国の存亡を賭けた戦いの行方は―?話題の異世界SFファンタジー第4弾。

シリーズ4巻目。
いよいよ 「反乱軍」 と 「国王軍」 が衝突。
こういった合戦物は凄く好きなので今までで一番楽しめました ((*´∀`))

今回で内乱はひと段落着いたようですが、また新たな問題が発生している様子
どこかで一旦休憩して他の作品を読もうかと思っていたのですが
こんな気になる終わり方をされては他の作品が読めなくなってしまいますね
こうなったら最後まで一気に読んでしまおうと思います。

それと今まであまり気にしていなかったけど、このシリーズはイラストも凄く良いですよね
イラストを見ていて岩崎美奈子さんの関わっている他の作品にも興味がわいてきました


[2006/12/03 22:24] 空ノ鐘の響く惑星で | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kcrainobe.blog69.fc2.com/tb.php/308-8355e06b



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。