スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

タマラセ ボンクラたちのララバイ 感想 

4044707057タマラセ ボンクラたちのララバイ
六塚 光
角川書店

本編は結構前に読み終わっていたけど短編集の方は読み忘れていました (=゚ω゚=;)
なので気付いてから慌てて読みました



放課後、覆面姿の暴漢に襲われていた少年を助けた三助。少年は「ボンクラだ」と名乗り、古びたネクタイを預けて逃走した。待て、ボンクラって一体なに!?―平磐市に大増殖する“魂裸醒”は、通常人には視えない武器を作り出す。となれば悪用するやつが現れるのは必然。かくして三助たち九里浜探偵局(仮)は奇奇怪怪の魂裸醒を阻止すべく立ち上がったのだ。6つの物語を収録した待望の短篇集。今、魂裸醒どもの武闘と謎解きが花開く。

いや~、いきなり口絵から笑わせてもらいました。
特に“ボンクラたちのララバイ”と“撲殺魔死すべし”のイラストが良かったです
しかし日向悠二さんのイラストは最高ですね! 
日向悠二さんがイラストを書いてる作品は全部読んでみようかなと思いました

今回はザ・スニーカーで連載した短編6話+書き下ろし1話の構成
本編では語られなかった長坂と三助の出会いなどもこの巻で書かれてます

一番面白かったのはやっぱり表題作の ”ボンクラたちのララバイ” ですね
三助が下着泥棒の汚名を着させられるという話です
他には ”プロジェクト・スマッシュ” の語尾のスマッシュには笑わせてもらいました ((*´∀`))

というわけで短編もかなり楽しませてもらいました
本編はもう完結してしまっていますが、できることならば第二部でも始めてもらいたいですね
そちらの方は期待しながら待つとして次は新シリーズの 「レンズと悪魔」 の方も読んでおこうかなと思います

感想リンク
「Alles ist im Wandel」 様
[2006/12/07 00:11] 角川スニーカー文庫 | TB(1) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kcrainobe.blog69.fc2.com/tb.php/312-be36781f


タマラセ(5)

短編集。 本編二巻で唐突に登場したコルシカ忍者長坂との出会いが収録されているのは嬉しいが、 やっぱり本編でフォローはしてほしかったなぁ……
[2006/12/07 19:23] URL Alles ist im Wandel

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。