スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

BLACK BLOOD BROTHERS (S3) 感想 

4829118814BLACK BLOOD BROTHERS〈S3〉ブラック・ブラッド・ブラザーズ短編集
あざの 耕平
富士見書房

「ジローさん、株やってたんだー」「…ギク」「さっすが百年以上生きてる古血(オールド・ブラッド)。ただの剣術バカじゃなくって、生活設計も考えてたのねー。株で大儲けしてビバ優雅な生活、のハズだったのよね…!?」「ミミコさん、聞いて下さいっ。ケインが絶対に損はさせないというからっ」「自分のお給料全部つぎ込んだあげく、丸損した言い訳がソレ!?世の中そんなに甘いワケないでしょうがぁっ!この経済観念破綻吸血鬼っ!!」人間(レッド・ブラッド)と吸血鬼(ブラック・ブラッド)のトラブルを処理する調停員・葛城ミミコと、その護衛・望月ジローとコタロウの兄弟。生活密着型から大規模犯罪まで、色んな事件を扱う彼らに安息の日はないっ!?



今回収録されているのは短編6話+書き下ろし1話で計7話の構成となっています

第一話 「強い吸血鬼の育て方」
ジローがコタロウを強く育てようと特訓をする話。いつも通りどこかズレているジローが素敵ですね
読んでてニタニタとしてしまうくらい面白かったです。オチも良かったですしね
でもこの話はインターミッションが一番笑えました

第二話 「宝くじ狂想曲」
ミミコが宝くじに当選したという話。浮かれているミミコが可愛かったです
しかし分かりきったオチだったけど悲しすぎる 。゚(゚ノω`゚)゚。

第三話 「力と誇り」
ケインが経営している特区最大手の銀行のATMが襲撃されたという事件を解決する話。
いつ見てもジローとケインのやり取りは面白いですね~
おもしろ過ぎてニヤニヤが止まりませんでしたよ。

第四話 「自由と虚ろ」
第三話での事件の後始末をする話。ゼルマンが登場
面白いとか笑えるような話ではないけれども長編第5巻の伏線になっているような話でした

第五話 「ある吸血鬼の僕」
ミミコとゼルマンの僕であるサユカが一緒に休日を過ごすといった感じの話。
今回の話の中では一番短編らしいハジけた楽しい話。
短編は四話みたいな重めの話ではなく、この話の様な楽しい話を読みたいですよね

第六話 「いつか来る、その日のために」
この巻の中では一番本編に近い話でした。引いたおみくじがそのまんま未来を暗示していますね。
長編6巻、そしてドラゴンマガジンで短編を読んでから読んだので
おみくじに書いてあった意味が良く分かって面白かったです。
特にインターミッションはドラゴンマガジンで短編を読んでたらより一層楽しめるでしょう

「失墜の摩天楼」
富士見ファンタジア文庫の短編の最後には必ずと言って良いほどある書き下ろしの短編。
この書下ろしを読むのが短編を読む時の一番の楽しみですね
長生きする吸血鬼ならではの話ですよね、微妙に第三話のインターミッションともリンクしてるのでその辺も楽しめるかも


本編の補足や、伏線などもあり、笑える話なんかも多くて短編としては理想的ですね
長編7巻も楽しみだけど、5巻ラスト以降の話を書いた次の短編集の方も凄く楽しみだったりします

感想リンク
「のべるのぶろぐ」 様
「ライトノベル名言図書館」 様
「読丸電視行」 様
「夢見る不惑☆星」 様
「booklines.net」 様
「記憶の紙片」 様
「Strange/Tone」 様
「ラノベ365日」 様

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kcrainobe.blog69.fc2.com/tb.php/325-6028600f


書評/BLACK BLOOD BROTHERS(S3)

☆☆☆☆☆ BLACK BLOOD BROTHERS S3 ―ブラック・ブラッ
[2006/12/21 01:30] URL ライトノベル名言図書館

BLACK BLOOD BROTHERS S3 /あざの耕平

BLACK BLOOD BROTHERS〈S3〉ブラック・ブラッド・ブラザーズ短編集あざの 耕平 富士見書房 2006-12by G-Tools 【勤労少女ミミコは感動に震えていた。なぜなら、生まれて始めて宝くじに当たったから……!! ミミコ&吸血鬼の望月兄弟のユカイな日常を描く、BBB短編集第三
[2006/12/29 02:16] URL ラノベ365日

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。