スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ヒトクイマジカル 感想 

406182323Xヒトクイマジカル―殺戮奇術の匂宮兄妹
西尾 維新 take
講談社

いやー凄い厚さでした。上下巻に分けてもいいくらいでしたね
本の分厚さにも驚いたけど、リバーシブルなカバーにも驚かされました



「…具体的に、あなたは何の研究をしているのですか?木賀峰助教授」
「死なない研究―ですよ」
永遠に生き続ける少女、円朽葉をめぐる奇怪極まりない研究のモニターに誘われた“戯言遣い”こと「ぼく」は、骨董アパートの住人・紫木一姫と春日井春日とともに京都北部に位置する診療所跡を訪れる―
が、そこに待ち受けていたのは凄絶な「運命」そのものだった!
“一人で二人の匂宮兄妹”―“殺し名”第一位の「匂宮」が満を持して登場する、これぞ白熱の新青春エンタ。
<戯言シリーズ>!

やっぱり巫女子ちゃんは最高だね、面白すぎる! 回想とはいえ登場したのは凄く嬉しいですね
なんてゆーかホントに惜しかったなーと思います。
それと春日井さんが再び登場したのも嬉しいところ。あの登場の仕方も良かったし、
回想でのいーちゃんの変わり身の早さには笑わせてもらいました

あと哀川潤は言うまでもなく最高。もし 「このライトノベルがすごい!2007」 などのキャラクター部門に
投票するとしたら間違いなく哀川さんに投票しますね

しかし本当に魅力的なキャラが多く登場しますよね
こんなに次々と素敵なキャラを生み出す事ができるのはホントに凄いと思いました。
だけど毎回そのうち何人かがあっさりと死んでしまうのが玉にキズですね

ストーリーの方では今後重要な役割を持つと思われる正体不明の狐の面を被った男が登場。
伏線も多く、物語りもいよいよ佳境に入ってきたなって感じですね。
残りはあと三冊。段々と盛り上がってきてます

関連記事
「サイコロジカル(下) 感想」

感想リンク
「神鳴るところ~物書きの読書日記~」 様
「読了本棚」 様
「Alles ist im Wandel」 様


[2007/01/25 21:59] 西尾維新 | TB(2) | CM(2)

一攫千金

サーフィンからきました。
楽しそうな漫画ですね。
内容を読んで買いたくなりました。

[2007/01/27 16:00] ブログを見てのお楽しみ - [ 編集 ]

漫画というかライトノベルですね
好き嫌いはあるかと思いますが個人的にはラノベは大好きです

[2007/01/27 23:14] [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kcrainobe.blog69.fc2.com/tb.php/349-9d024fe9


ヒトクイマジカル

ヒトクイマジカルposted with 簡単リンクくん at 2006. 2.11西尾 維新著講談社 (2003.7)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る 戯言シリーズ自体の転換点。 あとはラストに向かって一直線、ただしスピード違反で取り締まり! みたいな? い
[2007/01/26 02:35] URL Alles ist im Wandel

ヒトクイマジカル―殺戮奇術の匂宮兄妹

「…具体的に、あなたは何の研究をしているのですか?木賀峰助教授」「死なない研究―ですよ」 思いっきり怪しい話だったがバイト料が魅力的だった事もあり、紫木一姫と春日井春日を連れて京都北部に位置する診療所跡を訪れた「戯言遣い」のいーちゃんだったが、そこで待ち受
[2007/01/27 10:39] URL 読了本棚

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。