スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

薔薇のマリアVer2―この歌よ届けとばかりに僕らは歌っていた- 感想 

4044710090薔薇のマリアVer2―この歌よ届けとばかりに僕らは歌っていた
十文字 青
角川書店

やっぱBUNBUNさんの描くイラストは素晴らしい!
もう表紙で撃沈です。



マリアが悩み、カタリが恋し、トマトが苦悩し、ピンプが涙する――様々な冒険を経て、結束を強くしてきたクランZOO。明るい笑顔の裏に隠してきたあの記憶。仲間に囲まれ、いつしか思い出すこともなくなったあのメロディー――ZOOがまだZOOでないころ、自分のためだけに歌っていたあのころ、あのときがあるから、今、僕はここにいるんだ――マリアローズをはじめ、知られざるZOOの過去を描く、書き下ろしを加えた珠玉の短編集。

もうBUNBUNさんのイラストが見れただけで満足。
表紙の素晴らしさにやられましたが、P83のトマトクン、リルコ、ジョーカーの3ショットも最高でしたね。
イラストは最高でしたが、もちろん話の方もなかなか良かったです。

- 賢者が愚者に捧ぐダージュ
トマトクンとジョーカーと髭の掛け合いがおもしろい。
特にジョーカーの偉そうな喋り方がツボです

- 月下砂海夜曲
ピンプの意外な一面が見れますし、いかにも薔薇マリといったセンスの良い話でした。
グレアデとリレッザはここで手に入れたんですね

- 男が背中で歌うブルーズ
カタリが格好よかった。う~ん、漢ですね

- 小さな恋と裏切りのエレジー
マリアの少し切ない過去が書かれてます。
今までは謎に包まれていたマリアの過去が明かされましたが、それでも少しだけ。
今後もちょくちょくマリアの過去について書いていってもらいたいですね

どの話も良かったんですけど、全体的に雰囲気が暗いというか重い話が連続で続くので
読み終わった後もスッキリしない感じがしました。
でも最後にZOOの皆で鍋を囲んでいるシーンは良かった。こんなシーンは凄く好きです。

番外編も良いのですが、本編があんな気になる良い所で終わっているので
どうしてもそっちの方が気になっちゃいますね。
出来るだけ早く本編Ⅶが早く発売してくれることを願ってます。

関連記事
「薔薇のマリア(Ⅵ) 感想」

感想リンク
「至って平凡でも」 様
「のべるのぶろぐ」 様
「ライトノベル名言図書館」 様
「ラノベ365日」 様
[2007/02/05 22:24] 角川スニーカー文庫 | TB(1) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kcrainobe.blog69.fc2.com/tb.php/360-a4c26627


薔薇のマリア Ver2 この歌よ届けとばかりに僕らは歌っていた/十文字青

薔薇のマリアVer2―この歌よ届けとばかりに僕らは歌っていた十文字 青 角川書店 2007-02-01by G-Tools 【あのとき歌った歌は、今、届いているのだろうか?クランZOOの過去を描く短編集。ダージュ、ブルーズ、エレジー、そして夜曲。4つの歌が奏でる哀しくも愛しい過去】
[2007/02/12 03:10] URL ラノベ365日

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。