スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

108年目の初恋。 感想 

4757733275108年目の初恋。
末永 外徒 とりしも
エンターブレイン

 この春私は『旧校舎』になった。ずぅっと生徒を眺めてきたのに、立ち入り禁止の旧校舎になんて、もう誰もやって来ない。寂しくしていた私のところに、ある日、ひとりの少年が、探検に忍び込んできてくれた。もちろん私は大喜びで、ワクワクと観察していたのだけれど、危ない場所へと踏み込む彼に、思わず声をかけてしまう。どうしよう。もう人とは関わらないって決めたのに──。

こういった純粋な恋愛物ってあまり好きじゃないけどたま読むなら良いかも。
付喪神になった校舎と少年の初恋という設定が面白いですね。

その付喪神となった旧校舎のコウは可愛かったし、リアンやコモン老人などサブキャラは良かったのですが
主人公の新があまりに子供っぽい感じがして好きじゃなかったです。他のキャラは良かったので残念でした。

オチなんかは自分好みでしたが少しご都合主義のような感じがしましたね。
それに全体的に少し物足りなかったです。もうちょっと予想外の展開みたいなのが欲しかったですね
まぁつまらなくは無かったので次回作も追ってみたいと思います。


[2007/03/07 00:43] ファミ通文庫 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kcrainobe.blog69.fc2.com/tb.php/374-49d28d47



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。