スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

とある魔術の禁書目録(2) 感想 

4840227012とある魔術の禁書目録(インデックス)〈2〉
鎌池 和馬
メディアワークス

「そこ、女の子が捕まってるから」“超能力”が一般科学として認知された学園都市、その「三沢塾」で一人の巫女が囚われの身となった。そして、どうやら首謀者は、魔術側の人間らしい。上条当麻は魔術師ステイルからそう説明され、すなおにうん、と返事をした。「簡単に頷かないで欲しいね。君だって一緒に来るんだから」「…はあぁ!?」真夏の日差しの中、不気味にそびえ立つビルに二人は向かっていく。魔術師、吸血殺し、禁書目録、そして上条当麻。全ての線が交差するとき、物語は始まる―。


忙しくて読む時間が無いので寝る時間を削って読んでます (*`д´) 

今回は魔術師、超能力者はひかえめで、錬金術師と“吸血鬼殺し”が出てきます。
う~今回も御坂美琴がでてなーい (;´Д`) まだか、まだなんでしょうか? はやく出てきて欲しいなー

まぁ御坂美琴が出てこないのは残念ですが…、話は面白かったです。
もうこの勢いと熱さはやみつきになりますね。特に戦闘が面白いですねー。
後はその戦闘の時の見開きイラストがカッコイイ! なんかグッときますよね

今回新たな力を持つキャラが登場したので今後もいろんな種類の能力者が出てくるんでしょうね
戦闘が面白いのでいろんな能力者と戦ってもらいたいです


[2006/07/05 20:50] とある魔術の禁書目録 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kcrainobe.blog69.fc2.com/tb.php/48-422fec9f



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。