スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

いつもどこでも忍2ニンジャ(2)(3) 感想 

4840224897いつもどこでも忍2ニンジャ〈3〉日本の夏、血桜の夏
阿智 太郎
メディアワークス

そういや 「とある魔術の禁書目録」 を読み始める前に読んだので
忘れない内に感想を書いとこうと思います。



-2巻
 敵のくの一だったかなでが仲間になったり、
 過去からタイムスリップしてきた姫さまなどが登場し
 阿智太郎さんの作品ではおなじみの主人公がモテる感じになってきてます。
 それがまた良い感じ
 
-3巻
 全体通して夏の話となっています。
 3巻は短編集みたいですね
 阿智太郎さんの作品は長編も面白いのですが
 長編の合間にある短編が結構好きです

一応6巻までは買ってあるのですが
「とある魔術の禁書目録」  を読み始めてから途中で止まっているので
読み終わり次第続きを読もうかと 


[2006/07/06 22:47] 電撃文庫 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kcrainobe.blog69.fc2.com/tb.php/51-04ac6ad3



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。