スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

とある魔術の禁書目録(7) 感想 

4840232059とある魔術の禁書目録(インデックス) (7)
鎌池 和馬
メディアワークス

『法の書』 は伝説の魔術師が記した、天使を召喚することができるという驚異の魔道書。
その魔道書が解読法を知るシスターとともにさらわれた。
学園都市でぼけーっと日常を過ごしていた上条当麻には、まったく関係ない出来事だった…… はずなのだが、“不幸” にもその救出作戦に参加させられるはめに!
しかも、この事件の犯人は 「天草式十字凄教」、つまり神裂火織が女教皇を勤めていた宗派らしい。
インデックスが所属するイギリス清教、今回の依頼主のローマ正教、そして神裂火織がかつてトップにいた天草式。
3つの魔術組織が上条当麻と交差するとき、驚くべき事実が明らかに!
科学と魔術のハイエンドストーリー第7弾!


今回は魔術師側の話。展開はいつも通り当麻が困ってる人(今回はオルソラ、天然。)を助ける話。
なんか巻が進むにつれて面白くなってますね。はまってしまったせいでそう感じるだけかも知れませんが

今回のバトルは大人数の派手なバトルだったので凄く良かった。
こういったスケールの大きめの戦いって好きなんですよねー。今までとは違った感じで楽しめました。
特に見開きのイラストの辺りなんかたまりませんでしたね。 
それにラスト辺りの演出なんかも思わずゾクッっとくるほど格好よかったです

それにしてもなかなか話が進まないですよね。魔術側と科学側のトップも出てきたことだし、もっと大きく話が動いても良いんじゃないかなと思いました。


[2006/07/10 20:05] とある魔術の禁書目録 | TB(1) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kcrainobe.blog69.fc2.com/tb.php/62-07438cfc


とある魔術の禁書目録(インデックス) (7)のレビューらしき紹介

とある魔術の禁書目録(インデックス) (7)鎌池 和馬 (2005/11)メディアワークス この商品の詳細を見る「やめよーぜい。 神裂火織、テメェじゃ俺には勝てねえよ」「私を止めに来ましたか」
[2006/07/11 00:30] URL しがない日々の傷痕?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。