スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

とある魔術の禁書目録(5) 感想 

4840230250とある魔術の禁書目録(インデックス)〈5〉
鎌池 和馬
メディアワークス

8月31日。一方通行はその日、路地裏で不思議な少女と出会った。そいつは、どこかで見た顔で―。御坂美琴はその日、学生寮の前で男子生徒からデートに誘われた。そいつは超さわやかなヤツで―。上条当麻はその日、自宅で不幸な一日の始まりを感じた。なぜなら、夏休みの宿題を全くやっていないことに気づいて ―。8月31日。学園都市の夏休み最終日。それぞれの物語が幕を開けた―!鎌池×灰村コンビが放つ大人気学園アクション第五弾登場。


今回は一方通行とミサカ妹の話と当麻が夏休み最後の日にいろんなことをする話。
その二つがメインで他に何話かあり短編集の様な感じの構成になっています。

おー、一方通行(アクセラレータ)が良い味出していましたね。
前は嫌な奴みたいなイメージでしたが今回の話で一気に好きになりました。
今回登場の打ち止め(ラストオーダー)と今後どうなっていくのかも気になるところですね。
それに御坂妹も良かったけど、このラストオーダーもまた良いんです。
「ミサカはミサカは ―― みたり」なんて喋り方なんてたまりませんね。もう大好き

そして主人公の方は 「とあるお嬢の超電磁砲」 がよかった。御坂美琴好きにはオススメですね
もう一つの方は普通な感じでちょっと残念。せっかくだから御坂美琴でまとめてもらいたかったです。

いやぁ今回は一方通行のおかげで大満足でした。
前の時は少しショボイ感じがしてたけど今回は良かったです。また出てきてもらいたいですね
次の巻は表紙からして魔術側の話。面白いんだけどできれば科学側を希望

感想リンク
「レビログ」 様 
「神鳴るところ~物書きの読書日記~」 様

[2006/07/08 10:36] とある魔術の禁書目録 | TB(1) | CM(0)

とある魔術の禁書目録(4) 感想 

4840228582とある魔術の禁書目録(インデックス)〈4〉
鎌池 和馬
メディアワークス

学園都市から外出許可を得、家族と一緒に海へバカンスに来た上条当麻。そこで彼が見たものは、母親がインデックスで、インデックスが青髪ピアスで、神裂火織がステイルで、ステイルが海のオヤジで、御坂妹がその息子で、御坂美琴が当麻の妹で!?それは、“とある魔術”が原因だった。謎の魔術『御使堕し』が上条当麻を中心に展開したらしい―!?大人気学園アクション第四弾登場。


4巻は 「とある魔術」 が原因で各キャラの外見と中身が入れ変わってしまうという話。
いきなり妹キャラの御坂美琴が登場したり(グッときた!)、母親と入れ替わったインデックスや、
ステイルと入れ替わった神裂火織などいい感じでキャラが入れ替わっていて面白かったです。

後は久しぶりに登場した神裂火織がかなり活躍します。
う~ん、いいですねぇ。御坂美琴の次に好きなキャラです。今回は当麻より活躍してた気がしますね

そして次の巻は再び一方通行が出てくるみたいですね。
3巻ではちょっとアレだったんで次の巻での活躍に期待したいと思います (。・ω・)ノ゙


[2006/07/06 22:17] とある魔術の禁書目録 | TB(1) | CM(0)

とある魔術の禁書目録(3) 感想 

4840227853とある魔術の禁書目録(インデックス)〈3〉
鎌池 和馬
メディアワークス

「不幸だ…」真夏の夕暮れ。補習帰りにジュースの自動販売機に金を呑まれた上条当麻はそう呟いた。「ちょろっとー。なにやってんの、アンタ?」カツッと革靴を鳴らしながら、御坂美琴は上条に声をかけた。「お姉様?」その後、美琴に顔形そっくりの御坂妹がやってきた。三人の出会い。それが、事件の幕開けだった。一方通行と呼ばれる超能力者が起こす殺戮劇の、幕開けだった―。


とにかく熱く、勢いがあって面白いシリーズです。
少しくらいの欠点なんてなんのその

今回はうれしいことに御坂美琴とその妹がメインの話。 ワ━ヽ(*´Д`*)ノ━ィ!!!!
やっとメインです御坂美琴。御坂美琴が出てきたおかげか今までの中では一番好きですね
妹の「ミサカは」って喋り方は結構ツボりました。

毎回戦闘が熱く面白いので好きなのですが、正直今回はなんだかなーと思いました ( ´_ゝ`)
せっかく超能力者側の最強を持ち出したのだからもっと面白くてもおかしくないのにって感じでしたね。
どうも不完全燃焼の様な気もしないではないですね。
しかーし、御坂美琴がイイから全然許せます。これからもどんどん登場してもらいたいです。

今回は魔術師の方はほとんど出てきていないですね。科学側と魔術側の二つに分けているんですかね?
超能力者と魔術師は一巻交換とかかな? 個人的には超能力側の方(というか御坂美琴)が好きなのでずっと超能力側の話でもいいかなーなんて思っています。

感想リンク
「のべるぶろぐ」 様
「読丸電視行」 様
「神鳴るところ」  様
[2006/07/06 00:09] とある魔術の禁書目録 | TB(1) | CM(2)

とある魔術の禁書目録(2) 感想 

4840227012とある魔術の禁書目録(インデックス)〈2〉
鎌池 和馬
メディアワークス

「そこ、女の子が捕まってるから」“超能力”が一般科学として認知された学園都市、その「三沢塾」で一人の巫女が囚われの身となった。そして、どうやら首謀者は、魔術側の人間らしい。上条当麻は魔術師ステイルからそう説明され、すなおにうん、と返事をした。「簡単に頷かないで欲しいね。君だって一緒に来るんだから」「…はあぁ!?」真夏の日差しの中、不気味にそびえ立つビルに二人は向かっていく。魔術師、吸血殺し、禁書目録、そして上条当麻。全ての線が交差するとき、物語は始まる―。


忙しくて読む時間が無いので寝る時間を削って読んでます (*`д´) 

今回は魔術師、超能力者はひかえめで、錬金術師と“吸血鬼殺し”が出てきます。
う~今回も御坂美琴がでてなーい (;´Д`) まだか、まだなんでしょうか? はやく出てきて欲しいなー

まぁ御坂美琴が出てこないのは残念ですが…、話は面白かったです。
もうこの勢いと熱さはやみつきになりますね。特に戦闘が面白いですねー。
後はその戦闘の時の見開きイラストがカッコイイ! なんかグッときますよね

今回新たな力を持つキャラが登場したので今後もいろんな種類の能力者が出てくるんでしょうね
戦闘が面白いのでいろんな能力者と戦ってもらいたいです


[2006/07/05 20:50] とある魔術の禁書目録 | TB(0) | CM(0)

とある魔術の禁書目録(1) 感想 

484022658Xとある魔術の禁書目録(インデックス)
鎌池 和馬
メディアワークス

「超能力」が“一般科学”として認知されたアンチ・オカルトの学園都市。
高校生・当麻は、「魔術(オカルト)」の世界から逃げてきたというシスター姿の少女・インデックスに遭遇。
最初は半信半疑だったが、二人の前に本当に魔術師が現れて――!?


おもしかった!
一言で言えば「無駄に熱い作品」、だがそれが良いんです!!
欠点や気になるところはいろいろあるけれども、それらを全部勢いで無視して突っ走っていく感じの作品です。
まぁでも御坂美琴の出番が少なかったのは残念。次はもっと活躍してもらいたいです。

あとは主人公の上条当麻が熱血少年漫画の主人公の様な感じで良かったです。
いろんなタイプの主人公は居るけど主人公が熱血タイプの作品ってイイですよね。
能力も強いんだけど無敵という程でも無く、一転突破の一撃必殺って感じですかね

なんていうかこれからが楽しみな作品ですね。
今後もこの熱さで突っ走っていってもらいたいです。


[2006/07/04 21:36] とある魔術の禁書目録 | TB(2) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。